マタタビ、谷中猫調査。

東京に戻ってきて、
まだ田舎とのリズムが戻らない
えいえもんです。

商品制作は明日から再開しますと、思いながら
(お待たせしているお客様、納期までお待ち下さい!)
気になることをまず調査してきました。

それは、
「本当に猫たちは、マタタビに感度を示すのか?」
です。
保冷バックに、田舎今津から持ってかえってきた
マタタビを入れて、いざ調査へ!

場所は、もちろん。
谷中・根津・千駄木界隈。
ターゲットのネコさんは、野良猫を中心。

14時ごろまず谷中墓地をめぐりましたが、
まだ暑いのか一匹にも出会えず、
根津の路地へ。
「ねこさん、いないいない。」
夕焼けだんだんも2度チェックしましたが、
「いないいな~い。」


もう東京は涼しいだろうと高をくくって、
帽子をかぶらず汗をかいたえいえもん。
お土産を持って、
間間間さんでちょっと休憩。
ここで、お友達のあぽじーさんに
墓地のネコさん情報をゲットしました。
(ありがとう、あぽじーさん)

16時ごろ。
谷中墓地にいくと、
お話通り、すぐ見つけました。

「よし。
調査開始!!!」

c0160822_1838776.jpg


自転車を止めて、
保冷バックを取り出し、
ガサガサ。

きれいな顔のねこさん。
すすす~と寄ってきて、
鼻をふぐふぐ。
葉っぱの切れ端をどうぞ。

c0160822_18383797.jpg


そんなことをしていたら、
集まる集まる~

c0160822_18404236.jpg


1~2分嗅いだり、体をこすり付けたり
していたら、
ころんとし始めるネコさんたち。

c0160822_1843887.jpg


c0160822_18424577.jpg

(増えた!)

記念撮影。


c0160822_184449100.jpg


「よっしゃよっしゃ~。」
「調査続けるで!」

と墓地を進むと、
うわさの人面ねこさんがこちらに気づいて近づいてきました。

c0160822_1846914.jpg


c0160822_18462550.jpg


にゃんですか~?と
またふぐふぐ。

先ほどと同じく、
葉っぱの切れ端をどうぞ。

c0160822_18473113.jpg

(近い~なんか迫力あるねこさんやな。舌がキラキラ。)

もう一匹同じような顔、いや
体の色をしたネコさんもきて、
顔をすりすり。


保冷バックが
よだれでちょっとしっとりしてきたのと、
えいえもん自体お腹すいてきたので、

調査終了~!!!

初音小路、谷中墓地で
計9匹のネコさんに出会い。
8匹が感度を示しました。

なんと、確率89%!!!!
数をもっと調査しないと確率の精度は高くなりませんが、
まずは、
ほっと、えいえもん。

これで、
ネコバックとマタタビ巾着の制作に
安心して移れますね。
(そういうことで、カテゴリは「制作の現場」です。)


追記
そうそう、
枝は、9月からあるだけですが、
販売します。
by ittetsudo | 2009-08-22 19:03 | 制作の現場


東京下町。手作りカバンを自転車で移動販売している、えいえもんの日記。


by ittetsudo

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
かばんやえいえもん
販売スケジュール
旅するバッグたち
制作の現場
新作の紹介
えいえもんの普段
メディア掲載
ふるさと高島
トリモジ575

ホームページ

http://eiemon.com/

《商品のご購入にもご利用いただけます。》

記事ランキング