酉の市と20,21日販売後記

先週金曜日からの3日間。
わだいてんこもり盛り。
全部書いたら、今日が一日終わってしまうので、
少しだけ、みなさんにお伝えしたいと思います!

19日の夜、長野からおばのゆきちゃんが
上京してきたので、
一緒に、浅草「酉の市」に行ってきました。
商売を初めてから3回目。
いろはに木工所の山下さんに、
「えー、酉の市行ってないの~。」と言われて、
あわてて3の酉に出かけたのが、始まりです。

縁起を担いで、去年より一回り大きな熊手を、
求めるのが、決まりごとで、えいえもんも
ちっちゃーい熊手と、大きな希望を持って、
向いました。

すごいひとひと。
c0160822_13341125.jpg

(ウォーリーを探せならぬ、えいえもんを探してみて~。
なんて冗談です。)

熊手を奉納して、並んで、お賽銭を投げて、
一回り大きな熊手を買いました。
「よよよい、よよよい、よよよいよい!」
「商売繁盛!!」の掛け声もかけてもらって、
大こうふん。
従妹と叔母とみんなで、ベビーカステイラや山椒餅を
もぐもぐしながら、帰路。
なかなか、寝付けない、酉の市の一日。
c0160822_1335545.jpg

今年は、こんな熊手。
来年も、ひとつひとつ、こつこつ
商売続けていきたいです。



話は続いて20日。販売日。
商売をしていたら、お客様から
酉の市で買った交通安全のお守りを、
さっそく頂きました。
c0160822_1336116.jpg

「なんとも縁起がよいやん!」
その場で、とりつけて、ありがとうございますと一礼。
これで、来年のえいえもん号も元気安全いっぱいです。

お昼を過ぎて、お友達からの差し入れが、これ。
c0160822_13363393.jpg

味噌汁缶です。

谷中銀座商店街の後藤飴店の横にある自動販売機に、
売っているそうで、なんと「なめこ味」
あたたかいうちに飲まないと、あかんよね、、、。
と、一口ごくり。

意外とおいしい。
かつおだしがきいていて、つぶつぶなめこが、
ツルンと風味がきいておりました。
お弁当のおともにいかがかな。
あ、でも、そのあと、のどが渇きました。

太陽の柔らかい日差しも届いて、
あたたかい土曜日の販売も、平和に終わりました。


最後に21日。
この日は、ひとひとひとの一日。
まず、よみせ通り商店街にお店を出そうと11時ごろ。
大行列ができていました。
c0160822_1337036.jpg

わくわく大感謝祭という年に2度のイベントだったみたいで、
並んでいるみなさんは、くじを引きに来ていました。
「はずれたらまたならんでいいやて、うちは3回目や。」と、おばあちゃん。
元気やな~。
しばらく、行列は絶えず、その前で通る人々をみて、お話をして、
販売をしていました。

商店街の街頭放送も素敵で、
「○○商店さんは、39万円のコートが1万円に。」
「1kgお米をご購入の方には、お米のつかみどりサービス。」
などなど、個性的なものに、えいえもんは衝撃的感動をしていました。

14時になったので、藍染大通りに移動中。
バンゴブックスのゆうこさん、だいすけさんに遭遇。
癒されるお友達と、ちょこっと立ち話。
またね~と、藍染大通りへ。

すると、こちらでは、お子さんがたっくさん。
巨大な折り紙を折ったり、積み木をしたり、わいわい。
わいわいです。

チャイのおねえさんもいたので、一緒に並んで販売。
ゆうきちゃんやりのちゃんや弟君が、えいえもんスタッフになって
ビラを配布したり、いらっしゃいませ~の掛け声をかけてくれたり、
賑やかでほのぼのとした販売日。
c0160822_13373469.jpg

「あ~。しあわせなんや~。これが。」


ひととのつながりやお話しや、
モノを売るだけじゃない、幸せと感じる充実感が
わたしは、好きなんや。

そう、改めて感じる週末でした。



それにしても、たくさん
もっともっと書きたいことがあるのに、書ききれな~い。
制作をしなくては。
by ittetsudo | 2010-11-22 13:42 | かばんやえいえもん


東京下町。手作りカバンを自転車で移動販売している、えいえもんの日記。


by ittetsudo

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
かばんやえいえもん
販売スケジュール
旅するバッグたち
制作の現場
新作の紹介
えいえもんの普段
メディア掲載
ふるさと高島
トリモジ575

ホームページ

http://eiemon.com/

《商品のご購入にもご利用いただけます。》

記事ランキング