そだてられている私

金曜日から日曜日まで、
きもちよい秋晴れの中で販売ができました。
c0160822_151166.jpg

夏の暑さやイベントが終わったことが
重なっているのか、体調はかなり良くなかったですが、
つながるみんなに、元気をもらって、
最後まで販売。

本当は私がみんなに元気を!と
思うのですが、一人の人間だから、
そんなときもあるさと受け止めて、ゆっくり、
にこにこえいえもんに戻るのを待ちます。
マイマイペースが大切なのだ。

土日は、オーダー日和。
今まで作ったオーダーをお渡ししたり、
新たなオーダーを受けたり、
10件近くありました。
c0160822_1522542.jpg

(写真は、納品した万年筆入れ。)

お客様とお話しをしながら、
作る商品のイメージを膨らませていく作業は、
とっても想像的で、好きです。
お願いする方と作り手わたしの相互で
つくっていくということ。
すーっと、イメージが具体化することもあれば、
なかなか形にならず、進められないことも両方あります。

オーダーのお話しを頂けるみなさま、
素敵な方で、
「急がないでいいよ。」
「えいえもんペースでいいから、出来るの楽しみにしているね。」と
言ってくれます。

この言葉や考え方に、
わたしは支えられて、育てられます。
本当に、そう、感謝しています。

街にくる方が、急激に変わっていると感じています。
歩くスピードも速く、こんにちはとお話ししても、
返事が返ってこないことが多くなりました。
でも、変わらないのは、作り手を育てる風土が根底に
しっかりあることだと、私は思います。
敬愛する、いろはに木工所の山下さんとも
そのことを、お話しをしたことがありますが、

ひさびさに
大きく再確認した週末の販売でした。
c0160822_15316100.jpg


そして、
藍染大通り、私が販売しているそばにある、
明治から続く手ぬぐいやさん、丁子屋さん。
とても素敵な建物と雰囲気で、私も愛用している
手ぬぐいありますが、昨日を節目に建て替えを
されるそうです。
たくさんの方が見えていました。
c0160822_1534275.jpg

わたしも、こころに強く焼きつけました。


街は変わっていくし、人も流れていきますが、
やっぱり、私はこの街が好きな人のひとりで、
モノづくり先輩方のように、続けながら、
育てられて、生きていきたいなと模索しています。


nidoさん、いろはに木工所さんたちと
ご飯食べることが続いてあって、幸せ。
この街の女の子は、強く美しくかっこいいです!
by ittetsudo | 2012-10-22 15:15 | かばんやえいえもん


東京下町。手作りカバンを自転車で移動販売している、えいえもんの日記。


by ittetsudo

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
かばんやえいえもん
販売スケジュール
旅するバッグたち
制作の現場
新作の紹介
えいえもんの普段
メディア掲載
ふるさと高島
トリモジ575

ホームページ

http://eiemon.com/

《商品のご購入にもご利用いただけます。》

記事ランキング