トリモジ

中学生のころのお話。
よく授業中に、手紙を書いて、
クラスメートにリレーして、文通をしていたなぁ~と、
ストラヴィンスキーの火の鳥の音楽とともに
思い出しました。

手紙を、
普通に四つ折りにするのに飽きてきた女子たちは、
「タケノコ」や「制服」といった形に折り紙のように
装飾していくようになりました。
今は、どう織ったのか、思い出せないけれど。
(みなさんもしていたはず。教えてください!)

また、
先生にばれないように、
黒板に文字を書いている隙をみて
文通リレーをするスリルは、
携帯のある現在ではなかなか
味わえない、
淡く酸っぱい貴重な経験でした。

そんな、折り紙文通でも飽き足りず、
授業そっちのけ。
新たな楽しみを模索していた、あの頃。

お友達と、
センセーショナルな文字を作り上げることになったんです!

それが、
「トリモジ」です。
とあるメーカーの、
ストッキングのCMからイメージを膨らませてできた、
この「トリモジ」。

こんな感じです。
c0160822_18422644.jpg

(これは、R)

トリがアルファベットを体を張って、
形作るものです。


「これで、なんどか文通したなぁ。」
「ローマ字で書くのが疲れて、いつからか途絶えてしまいましたが、、、。」

その考案者は、小学生のころから学校の吹奏楽クラブで
火の鳥を演奏したりして、
なんかご縁があって今でも仲よくしているお友達。
あのころ、私は木琴。彼女は、鉄琴。


なんだか、
懐かしさと一緒に、
この「トリモジ」何かに使えないかな~。

と、
まず、みなさんに電子的に文通をしてみることにしました。
通常使いです。

c0160822_18452858.jpg


c0160822_18454295.jpg


c0160822_18455449.jpg

by ittetsudo | 2009-10-05 18:55 | えいえもんの普段


東京下町。手作りカバンを自転車で移動販売している、えいえもんの日記。


by ittetsudo

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
かばんやえいえもん
販売スケジュール
旅するバッグたち
制作の現場
新作の紹介
えいえもんの普段
メディア掲載
ふるさと高島
トリモジ575

ホームページ

http://eiemon.com/

《商品のご購入にもご利用いただけます。》

記事ランキング