京都で出会ったイワシ

c0160822_10593719.jpg

「ぼくたち、飛出し坊やツインズやで。」
「数日前に、えいえもんが京都を一日散策したこと、
お知らせしようと思っているで。」
「素敵な時間やったそうやなー。」


わたし、普段は一人旅が多いのですが、
今回は京都在住の「勝手に青森親善大使」さんと一緒に、
いろんなところを連れて行ってもらいました。
なんと最後に、いちご汁つきです!

c0160822_1161378.jpg


まず、出町柳駅から、叡山電鉄に乗って、一乗寺へ。
冷製パスタの美味しいイタリアンレストランで腹ごしらえをして、
恵文社」という魅力的な本屋さんへ。
本のラインナップもさることながら、セレクトな雑貨も並んでいて、
わくわく心躍ります!なかなか長居しましたよ。
私の住んでいる谷中根津も古本屋さんや本屋さんが、
個性的にそろっているので、それと比較したりしても
楽しかったです!

「一乗寺ってお寺あるんかな。。」なんて想いながら、そこには触れず、
一乗寺界隈の散策を終えて、次に向かったのが、銀閣寺エリア。
電車と市バスを乗り継ぎ、哲学の道へ。

c0160822_11175158.jpg

こういうザ観光スポットって、あまり行かないので、
とても新鮮です!
水路に鯉が泳いでいたり、旅人らしき外国人がベンチで横になっていたり、
ほのぼの、のどかなお散歩時間。

この界隈の古い穴が開いている橋にも、興味が惹かれました。
ノスタルジーでいえば、瀬田の唐橋も20年くらい前は、
こんなんやって、穴から川を眺めて、落ちたらどうしようなんて
感じてたなーと思い出したりして。
c0160822_1121578.jpg


c0160822_1122298.jpg


余談ですが、今回撮った写真。
緑色とねずみ色でまとまっているのに気づきました。
(きっとこれが京都の統一された町並みからきているのかな。)

さて、いざ銀閣寺へ。
夏休みなので、観光客が多いですが、北山から降りてくる風と、
ヒグラシなど蝉のなく声で涼を感じます。
c0160822_11334021.jpg


この中で、一番気になった発見は、お庭の波間を表現した銀沙灘に
蜂さんらしき生き物が、たくさんのコロニーをつくっていたこと。
巣穴は西側北側いたることにあって、低層団地って感じです。
c0160822_1134233.jpg


ビックリ!
いいね、このお家とたくさん家族たちの、国宝の景色!


お寺の周辺にあった、この標識は何か好きでした。
ホントに止められて困っているのか、標識が横に8こくらい連続していました。
c0160822_1136363.jpg



次の場所に移動しようかなーなんて、休憩場所さがしも併せて、歩くなか。
「雨降るかも。」っていったあとすぐ、本当に雨。
しかも結構本格的にサーって降り始めます。
「かばんやは、天気予報もできるんか!?」
丁度よく、哲学の道すがら気になっていた、リンゴのカフェへ。
シュワシュワしたもの飲んで、リフレッシュの時間。

なつイ!

雨が止んだので、一路バスで西陣エリアへ。

前もって調べていた老舗やカフェに行こうと。
でも、また、雨。あーめー。
エアミストみたいで気持ちいいけど、本格的に降り出したので、
見つけたカフェへ。

このカフェが、行きたかった場所の一つで、偶然であったのが、
ご縁みたいでいいな。
カフェさらさは、築80年の銭湯をリノベーションしてできたところで、
タイルワークのエリアは、なんだかフランスで行ったモスクを想像させる
エメラルドグリーンと濃いグレーと朱色でできていて、脱衣所エリアの木造と
ええかんじでした。

お茶して、そのまま晩ごはんまで、3~4時間いたかなぁ。
それくらい、居心地良かったです。

ゲルハルトリヒターのベティとアフターベティや
宮大工や
ケルン大聖堂や
八墓村や
横溝正史や

たくさんのことが、ステキな空間で会話になって、宙を舞っていたなぁ。
気づいたら、行きたかった紙屋さんとかとっくに閉店時間で、
行けなかったけど、その生きた時間が、すごく楽しかったから、これでよし!


一日京都旅の終わりは、いちご汁。
びわこ大花火大会を見てきた浴衣姿の若者の話を聴きながらの、電車帰路。
汗と高揚の空気と会話に扇風機電車。
普段の運動不足で、帰宅後バタンキュウでしたが、元気モリモリな一日!


老舗と新しいお店。
伝統と斬新さ。
日本と外国。
たくさんメルティな中に、感動と発見の連続。
隣の県、京都。
まーおもろかった。

勝手に青森親善大使さん、ありがとう!


おみやげは、恵文社で、であった本二冊。
c0160822_1264796.jpg

トーベ・ヤンソンの「ムーミンママのお料理の本」。と
カラーブックス「背の青い魚」本。なんと昭和60年発行の新刊です!
c0160822_127915.jpg


この二つに、イワシの共通点があったとは。
イワシがブームだったんだな。
EPA(エイコサペンタエン酸)採って、
健康優良かばんやさんは、今日も直感を大切に、一日を過ごします。
by ittetsudo | 2013-08-12 12:27 | えいえもんの普段


東京下町。手作りカバンを自転車で移動販売している、えいえもんの日記。


by ittetsudo

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
かばんやえいえもん
販売スケジュール
旅するバッグたち
制作の現場
新作の紹介
えいえもんの普段
メディア掲載
ふるさと高島
トリモジ575

ホームページ

http://eiemon.com/

《商品のご購入にもご利用いただけます。》

記事ランキング