Bangkok

サワディカー!
弾丸なタイ旅から、ただいま戻ってきました!
c0160822_19592651.jpg


おいしいもの食べたい!
ゾウにのりたい!
生地を買いたい!
電車に乗りたい!
タイ古式マッサージうけタイ!

お友達が現地にいるこのタイミングで行こうと、決めたタイ旅。
旅の道中で感じたことや見たものを、
記録のために、少し書きたいと思います。

c0160822_2014523.jpg


市内の観光や現地の食べ物たくさん食べて、今までの一人旅より
幅が広がりましたが。
でも、自由行動がしたい!と
小さいころから乗りたかったゾウさんに会いに、アユタヤまで、
国鉄電車を使って、ひとり行きました。

c0160822_2042012.jpg

バンコク駅(HUA LAM PHONG)は、ヨーロッパのターミナル駅
みたい。天井のドームから、スチームがフワーっとでていて、
気持ちが涼しいです。

c0160822_2064770.jpg

自転車ごと乗りこむ人もよく見かけました。次はそうしたい。

c0160822_2044784.jpg

車内は、地下鉄やスカイトレインより古くて、まず運賃が激安!
片道3等車で、バンコク~アユタヤ間、15バーツ。
日本円で約50円。約90分で着きます。
バンコクからのツアーじゃ面白くないなーと思っていたので、
これは、世界の車窓から!って気持ちで盛り上がります。

c0160822_2073753.jpg

車窓からの風景は、こんな感じ。
電車の通るぎりぎりまで木々や家が並んでいます。
駅の雰囲気も南国っぽい!
バンコク市内より、のんびりしています。
c0160822_208371.jpg


アユタヤ駅からは、トゥクトゥクに乗ります。
運転手さんが、珍しく女性の方で、お母さんと赤ちゃんが一緒。
3世代女性にサーモンピンクのトゥクトゥクが、ほんわかアットホーム。
いろんな遺跡を回っていただきました。
c0160822_2094757.jpg


c0160822_2012891.jpg


念願のゾウさんとも記念撮影!
このあと、ゾウさんに乗って、遺跡を回ります。
c0160822_20103922.jpg


c0160822_2011122.jpg


c0160822_20114693.jpg


c0160822_20331587.jpg


途中、観光客のいない現地の人が食べる場所に行きたいなと
思っていて、運転手の家族と一緒に御飯も食べられました。
c0160822_20123718.jpg


帰りは、相乗りバスでバンコクへ。
池袋バスターミナルみたいな場所で下車。

夢がひとつ叶って幸せです!

足裏マッサージやタイ古式マッサージも体験できて、
ご飯もタイスキやパッタイやトムヤムクンやソムタムやカレーいろいろ食べて、
フルーツもたくさん食べて、大満足!!!
一回り太ったわたし。でも幸せ。


そして、かばん屋さんなので、現地で生地屋街に行って、生地を買いたい!
と、現地で調べて、問屋街に行きました。
ここからは仕事モード。
中国人街の近くの、下町、YAOWARATエリアに向かうと、なんともすごい!
東京・日暮里や合羽橋などの問屋エリアがごったになっていて、
小さな路地の至る場所、すごーく広く、かばんや靴、料理用品やおもちゃ、
そして生地通りがありました。
迷路みたいで、迷い、中国人と思われる人に筆談したりして、かなりドキドキ。
c0160822_20132860.jpg


途中、スコールにも合いましたが、それも旅の醍醐味。
c0160822_20135636.jpg

「これがスコールカー。」と、ザーーーと降って、人が歩ける感じじゃなくて、
道路はすぐ川みたいになり、そぅかとおもうとピタっと止んで、青空になり、
ムシムシの水蒸気が視野に広がります。

c0160822_20141994.jpg

無事、生地を数種類とタイ語のワッペンや国旗色のリボンを購入!!!
限定旅バッグは、12月7日から販売できるように、制作を進めます。
イメージが固まっているのだ。
お楽しみに!


いつも2週間は海外は旅するので、すごく短く感じますが、
でも楽しく、そこでしかできないハプニングと経験をたくさんできました。

タイの人は、とても穏やかで、たくましい。
イライラしているひとは、タクシーの運転手さんくらいで、
あまり動じない。
我慢強くて、明るい。
笑顔がすてきでした。
その背景には、すごく大変な部分もあって、だからこそケロッと明るいのだろうな。
多少のことで、ぶーぶー言わないところも。
日本の人や街も、昭和30年代くらいはこんな感じだったのかなって、
そんなことを感じた旅でもあります。


コープクンカー。
ありがとう!
c0160822_20335348.jpg


最後に羽田。
機内からバスで空港に着くときに、吉本新喜劇なみのスライディングなずっこけを
して、右ひざ・すね・ひじを擦り剥き。
外国の方に、大丈夫ですか?と言われた時が、恥ずかしかった。
無事に旅ができることがないのか、私は。

旅で一番お気に入りの写真。
天然の珍品の人間は、とびきり楽しそうな笑顔です。
c0160822_2015325.jpg

by ittetsudo | 2013-11-27 21:08 | えいえもんの普段


東京下町。手作りカバンを自転車で移動販売している、えいえもんの日記。


by ittetsudo

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
かばんやえいえもん
販売スケジュール
旅するバッグたち
制作の現場
新作の紹介
えいえもんの普段
メディア掲載
ふるさと高島
トリモジ575

ホームページ

http://eiemon.com/

《商品のご購入にもご利用いただけます。》

記事ランキング